レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『グッモー エビアン!』

『グッモー エビアン!』監督:山本透 麻生久美子大泉洋三吉彩花

昨晩、ツタヤの宅配レンタルで観ました。

名古屋で親娘二人暮らしをしている元パンクバンドのギタリストで17歳で未婚の母となったシングルマザーのアキと、母を支えるしっかり者のハツキ。そこへ2年間、海外にて放浪生活を送っていたヤグが突然舞い戻って来る。

アキ 麻生久美子 ヤグ 大泉洋 ハツキ 三吉彩花

大泉洋大泉洋らしい役でした。この3人で主に物語は進んでいきます。

面白くもなく、つまらなくもない。淡々と観て淡々と終わってしまった。そんな印象です。

2012年の映画なんですね。なんと能年玲奈が出てます。ハツキの親友役として。

そして、物語にチョットだけ絡んでいきます。いや物語の隠れテーマというか伏線になっているかも。『あまちゃん』と髪型そんなに変わってなかったです。

確か、能年さん今年成人式をやられたんですよね。2年前とはいえ中学生役

違和感ないです。存在感もありました。

面白くもなく、つまらなくもない。淡々と観て淡々と終わってしまった。そんな印象です。

2012年の映画なんですね。なんと能年玲奈が出てます。ハツキの親友役として。

そして、物語にチョットだけ絡んでいきます。いや物語の隠れテーマというか伏線になっているかも。『あまちゃん』と髪型そんなに変わってなかったです。

ハツキとトモちゃん(能年)のエピソードにヤグが関わります。その時、ヤグは

ハツキに向かって「さよならとありがとうは言える時に言わなダメ。」と言います。

気に入った映画のお勧め的ではないけど、こんな映画あっても良いよね。チョット観てみたら的な感じのお勧め。

「ありがとう。」は言える時に必ず言おうと思います。