レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

俺はまだ本気出してないだけ 09

「俺はまだ本気出してないだけ」 主演堤真一 生瀬勝久 山田孝之 橋本愛 石橋蓮司 濱田岳

監督 福田雄一

あらすじ

子持ちで離婚歴がある42歳、大黒シズオ。ある日、彼は「本当の自分を探す」と何も考えずに会社を辞めてしまう。だが、ゲームばかりの毎日を送り、同居する父親の志郎から怒鳴られてばかり。そんな中、本屋で立ち読みをしていたシズオは漫画家になろうと決意し、志郎と娘の鈴子に熱く夢を語る。しかし、出版社に原稿も持ち込むも不採用。さらに、生計を立てようとファストフード店でバイトするが、ミスを繰り返し、さらにはバイト仲間から店長というあだ名を付けられてしまう。(シネマトゥデイ

http://www.youtube.com/watch?v=gKFnyGntaVg

実はこれは2月11日に書いた「地下鉄(メトロ)に乗って」の2日前に観ました。

主演が共に堤真一。好対照な役柄です。原作はマンガ本。このマンガが話題になっての映画化されたのでしょうか。自分はこのマンガを知りませんでした。

予備知識がない分、先入観や偏見を持たずに観る事が出来ました。実際のマンガの主人公は堤真一とは好対照です。いい加減さやだらしなさと言ったものが彼が演じる事により、愛おしさに感じます。

それでも、ミスキャストに思えないのは堤真一演じるところの器量なのでしょうか。

呆れながらも彼を取り巻く面々を結果的に幸せにしてしまった。