レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『告白』 RNR22

『告白 』  出演 松たか子 木村佳乃 酒井幸人 岡田将生 橋本愛 監督 中島哲也

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%91%8A%E7%99%BD/335612/

湊かなえ原作の本も映画も話題になった事は記憶にあります。がどんな内容なのかは知りませんでした。2010年の作品という事は今から5年前。なんと、その他大勢の生徒役で能年玲奈が出てます。(私は気がつきませんでしたが) 橋本愛可愛いです。まだまだ子供というか少女という感じですが、この頃から目力は強かったです。朝のテレビ小説「あまちゃん」で彼女の事を知りましたが、この当時から今に至る片鱗を感じさせます。

最初の30分で犯人は分かってしまう。そこから、ある意味物語が始まっていく。松たか子が淡々と語っていきます。そこに事件に関わる人物が告白という形で語っていきます。その中で過去の事や今の置かれている状況や環境が説明されます。

空回りする熱血教師を岡田が演じる。彼の熱血指導が結果的に少年Bを追い詰める。全てに置いて人を見下して自分の能力こそが絶対に正しいと思う。人を利用しているつもりが利用されていると思わせながら、その上を更にいく少年A。でも、そこには母親に認められたいという思いがある。

橋本愛は唯一の少年Aの理解者でもあった。彼の抱えている心の闇みたいなものを言ってしまう。そのために撲殺されてしまう。

それらを踏まえながら松たか子の掌でモテ遊ばれている。最終的に少年Aから一番大切なモノを奪ってしまう。見事犯した罪の重さを知らしめる事に成功したのかもしれないが、松たか子の気持ちは晴れる事はないのだろう。それは映し出される空の表情に象徴されているのかもしれない。

最初の30分を観て、この後どういう展開で話が進んで、どういった終わり方をするんだろうと気になって仕方なかったです。私が想像してない展開でエンディングを迎えました。この終わり方に残酷感やモヤモヤ感は感じません。むしろスッキリとした喪失感が余韻として残りました。映画としては面白かったです。