レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『戦国自衛隊 』RNR54

戦国自衛隊 』 cast 千葉真一 夏八木勲 渡瀬恒彦 監督 斎藤光

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A/86099/

5月はしんみりと考えさせる映画が多かった気がします。6月はそんなに考えないで純粋に楽しむ映画を選ぶ事にします。6月最初は『戦国自衛隊』 この映画が1979年公開。今から30年以上前になります。

私自身も20数年振りくらいに観たでしょうか。今では大御所、ベテランと呼ばれている役者がこの映画では皆若手。

観た当時は私も子供。地方映画館で何作か同時上映していたと思います。近年の戦争映画などではCGを使い綺麗な映像になってますが、この映画では生撮影。アナログ的なものに逆に生のリアルさを感じます。出演している役者もスタントマン無しでアクションをこなしてます。

今では正義感の厚い刑事役が板についている渡瀬。この頃はかなりの悪役をやってました。千葉から離反して村を襲い略奪強奪を繰り広げます。当時はこのシーンは凄い衝撃的でした。

真田広之も出てます。この当時は演技よりもアクション俳優でかなりハードなスタントをこなしてます。

千葉、夏八木はホント格好良いです。千葉もこの頃は本当に体を張ってました。

観ながら当時の事を思い出したりしました。この後、こういう展開だったよなと思った事が違ったりもして、思い違い記憶違いも多々あって、そんな事も面白く感じました。

この映画に2人のヒロインが登場します。岡田奈々小野みゆき。セリフは一言もありません。今回改めて気がつきました。

チョイ役に角野卓三が出てます。若い。髪の毛あるし。佐藤蛾次郎だけがあの当時と今も変わらない。

信玄と千葉が対決する。千葉の周りには信玄の配下が囲んでいる。なんで、1対1の斬り合いをしたのか。千葉はやられそうになる寸前で銃を撃つ。それ反則ではと思わず突込みたくもなったりします。

今でも十分に楽しめる映画かと思います。アナログ的古さはありますが、逆にそれが新しさを感じたりもします。30年前の娯楽作品は今でも楽しむ事が出来ます。

6/2鑑賞