レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『旅立ちの島唄 ~十五の春~ 』RNR76

『旅立ちの島唄 ~十五の春~ 』 2012

cast 三吉彩花 大竹しのぶ 小林薫  監督 吉田康弘

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E6%97%85%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%B3%B6%E5%94%84%E3%80%80%EF%BD%9E%E5%8D%81%E4%BA%94%E3%81%AE%E6%98%A5%EF%BD%9E/344302/


あらすじ説明からしないと感想なりレビューは書きづらいかも。

南大東島に住む子供達は15歳になると島を離れなければならない。島には高校がない。


沖縄本島から360キロ離れている。台風の通り道になっているか、台風中継でしか名前を聞かない。私に取ってはあまり馴染はないけど同じ日本。少なくなくはない。

中学卒業後の進路の選択肢は、進学(専門学校も含めて)、就職と色々とあるかと思う。どの選択肢を選んでも島を出なければならない。島の子らにとっては、それは当たり前で当然の事なのかもしれない。私が15歳の頃だったら想像つかない環境かも、


新たな旅立ちに対して過去や思い出を捨てるのではなく、島に預けとく そんな感じがしました。


緩やかに優しい時間が流れていきます。本人にとっては早い時間なのかもしれません。


主演の三吉彩花三線を弾きながら島唄を歌う。心に響きます。小林薫も無口で不器用ながら温かく子供を見守る姿も良いです。


子供達がフェリーで旅立つ。見送る島民の1人が「このうち何人が島に戻ってくるだろう。」という言葉が心に残りました。


9/9 鑑賞