レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『フローズン・タイム 』RNR86

フローズン・タイム 』 2006年

cast ショーン・ビガースタッフ エミリア・フォックス    監督 ショーン・エリス

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0/329299/

主演の男の子はどこかで見た事あるなと思ったらハリーポッターに出てました。約10年前の映画になります。公開当時は話題になったのでしょうか。全然分かりませんが観ようと思ったのは映画好きのゴリラ君のお勧めだったからです。

主人公の男の子は失恋をしてしまう。その痛手で不眠症になってしまう。そこで自分以外の時を止めてしまう事が出来るようになった。時を止めて、その瞬間を描き止める事に使った。

ファンタスティックなラブストーリーです。主人公がスケベな事に使わない。純粋に描き止める。

そこが、逆にあんな事、こんな事すれば良いのにとスケベな妄想が広がってしまう気がする。

おバカでお下品な人達も登場しますが、それがお寿司の山葵みたいな感じでストーリーのピュアさを引きたててるかもしれません。

ファション誌の切り抜きを繋ぎ合わせた感じの映画です。

10/8 鑑賞

ちなみに映画好きゴリラ君のレビューはこちら。

何時もは熱く語るゴリラ君が抑えて書いている所に心に染込み度を感じました。

フローズン・タイム』(2006)

≪時間が止まった世界。

ボクの恋は加速する。≫

ウィンプスハンターシネマスター:★★★★★】

これも大好きなラブストーリーの一つ。

真剣な話に見えて実は無駄なぼんくらテイストがあるのが好きです。

一瞬を切り取った美というテーマは、さすが監督が元カメラマンだけあるなと。

映像の切り取り方とか演出が本当にきれいです。

女性の美しさをとにかく全面に押し出してるのにいやらしさを感じないのも凄いなぁと。