レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『Dolls ドールズ』 RNR99

Dolls ドールズ』  2002

cast 西島秀俊 菅野美穂 三橋達也 松原智恵子 深田恭子

監督 北野武

http://movies.yahoo.co.jp/movie/Dolls%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA/239556/

北野作品というのは観終えて良かった悪かったという他に馴染める、馴染めない的な評価かされる映画かと思います。「アウトレイジ」以降 集客の取れる監督に、それまでは、好きか嫌いかとたけし信者的なマニアには評価高かった。

北野作品を酷評していた評論家が「あの夏、静かな海」でガラッと評価が変わった。

私は北野作品、観るけどチット馴染めない。暴力シーンは生理的に受け付けません。観終えて、物足りなさやこんな終わり方をするのも北野映画の特徴だと思ってました。

それが大きく覆りました。この映画公開当時 監督北野武は「今までの映画の中で一番暴力的」と言いました。具体的な暴力シーンは描かれてません。

軸となるのは、西島、菅野のストーリーに 三橋、松原のストーリー、深田と追っかけのストーリーが同時進行する。共にハッピーエンドにはならない事は簡単に予想は出来ます。それでも、一瞬 ほのかな希望や、もしかしたらと思わせる。そう思わせた途端に悲しい結末が訪れる。

向かっていった先に悲しい結末が待っている。それを知りながらも向かっていく。

北野映画の中ではかなりの異色作になるかもしれません。「アウトレイジ」のような映画の監督と思って観ると良い意味で裏切られます。

北野映画の中で一番です。

12/11