レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『天使のくれた時間 』RNR100

『天使のくれた時間 』 2000

cast ニコラス・ケイジ ティア・レオーニ ドン・チードル 監督 ブレット・ラトナー

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E9%96%93/233769/

ニコラス・ケイジを見ていると西村雅彦を思い浮かべてしまう。ハードな役からコミカルな役まで器用にこなす。悪役から正義の役も。西村雅彦に関してはどんな役を演じていても、古畑任三郎のヘタレ刑事のイメージが付きまとってしまう。実際にヘタレた役は古畑任三郎の1本しかやってないと思う。

最初に見た役が強烈なインパクトだったからだろう。同様にニコラス・ケイジもそう。最初に彼を見た作品が強烈だったんだろう。

クリスマスの時期、そして、RNR100本目は、優しくなれる映画をという事でこの作品を選びました。

もし、あの時、違う選択をしていたら、別の人生を歩んでいた。そっちの方が幸せになれたかもしれない。

逆に選ばなかったからこそ、彼は成功した。実は彼女の方も成功していた。

この成功というのが、社会的地位や高収入を得る事が本当の成功なのか。

裕福でなく慎ましく暮らしながらも愛する家族がいる。こっちの方が成功なのか。

観終えた後に色々な事が余韻となって考えさせられました。

12/23