レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『ブラッド・ダイヤモンド 』RNR107

ブラッド・ダイヤモンド 』 2006

cast レオナルド・ディカプリオ ジャイモン・フンスー  ジェニファー・コネリー

監督 エドワード・ズウィク

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89/326034/

映画自体は面白かったです。ただ見終えてから、単に娯楽映画としてだけで楽しんで良いかの大いに考えさせられました。フィクションではない現実にリアルに起こっているんだろう。決して作られた物語や真実を誇張しているのではない事が事実として起きているのだろうと考えさせられました。

つくづく日本は平和だと思いました。平和だからこそ、逆にこの映画を楽しめて観れるのかもしれません。

ジャーナリストとしてディカプリオに絡む女優のジェニファー・コネりー。

頭の片隅に引っかかりました。この引っかかりは何なんだろうと思い調べてみると、

『ワンス・アポン・タイム・アメリカ』(主演ロバート・デニーロ) に出ていた女優さんでした。 高校の授業をさぼって観に行きました。とても艶がありセクシーなデニーロと共演のジェームス・ウッズがカッコ良かった。ラストがこんな終わり方なのと拍子抜けしたのと。3時間以上上映時間でグッタリした事を思い出します。

その映画の中に出ている人物の少女役をやっていたのが彼女でした。デニーロやウッズと同様に彼女もすごく印象に残ってました。当時の彼女は幾つだったんでしょうか。小さな頃に数回遊んだことのる近所の女の子。突然引っ越しか何かでいなくなる。いないならいないで気にはならなかった。それが数十年振りに再開をした。綺麗な大人の女性になっていた。それに似たような感じです。

ディパーテッド 』RNR105でディカプリオの評価が変わりました。さらに上がりました。

1/23