レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『将軍家光の乱心 激突 』RNR127

『将軍家光の乱心 激突 』 1989

cast 緒形拳 松方弘樹 長門裕之 京本政樹 茂山逸平 丹波哲郎

監督 降旗康男  アクション監督  千葉真一

http://eiga.com/movie/37084/

27年前の映画。出演している俳優さん達、他界された方もいますがその当時から大物だった。

丹波哲郎は殺陣をやっているし、長門裕之はアクションしているし。〈スタントマンがしているんだろうけど〉

織田裕二もチョイ役で出ている。

福ちゃんの名前もクレジットされていた。福ちゃんとは福本清三。序盤の方に出ていた。ウォーリーを探せ的についつい見つけてみたくなってしまう。その他、大勢の中の1人として登場だけど、直ぐに見つけられてしまう。メイクもあるのだろうけど、オーラというか存在感があるんだろう。

存在感というと、メインで出演している俳優たち、それぞれに強い存在感を感じました。その存在感、突出する事無く、誰かを邪魔する事無く、良い感じに交じりあっていました。

ちなみに千葉真一は役者としてのクレジットではなく、アクション監督としてクレジットされてました。

ストーリー的には、将軍世継ぎの子が狙われる。それを緒形拳らの少人数の侍が守る。狙っている一番の黒幕が父、家光。なので、大挙して狙ってくる。

アクションシーンは三池崇史の『十三人の刺客』を見ているような感じでした。そこはアクション監督が千葉真一 CGを使わず生身のスタント。リアルなガチさを感じました。

戦闘も一つが終わって一息ついたら、また始まる。ハラハラと退屈はさせません。

これだけの俳優陣とアクションシーンを散りばめる。日本映画の勢いのあった時代も感じさせます。

4/27