レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『(ハル)』RNR158

(ハル) 』 1996

cast 深津絵里 内野聖陽 戸田菜穂 宮沢和史

監督 森田芳光

http://eiga.com/movie/24029/

18日の鑑賞。今日は20日。時刻は午前9時30分。台風が接近しています。正午頃関東に上陸する予報が出てます。雨も激しくなっています。

森田芳光初期の作品をという事で選んでみました。

96年公開という事はWindows95が出て普通の人でもパソコンを使いやすくなった。パソコンブーム初期といった時期でしょうか。ちなみにマイムが本格的に始めたのは98からです。

その当時、パソコンは高かった。ディスプレーも大きい。重たい。インターネットをやるには電話回線を繋げないといけなかった。接続料も高かった。やる為に部屋に電話回線を引いた。電話加入権も買わないといけなかった。これも非常に高かった。それらを思い出し懐かしく感じた。

メールにしても、パソコンを繋げないと見られない。来ているかどうかも繋げてみて初めて分かる。

今にして思えば、まだまだ不便でアナログ的要素が一杯あった。それでも、当時は最新で物凄く便利に思えた。そう思うと今の携帯やスマホって凄い。

チャットというものに夢中になった。チャットの部屋がABCとあり、それぞれに1〜30まで部屋がある。

決まった時間に行くと同じメンバーがいる。会話が弾む。そこで、仲良くなった人達と今でも交流があったりする。

今よりも無機質な言葉のやり取りに言霊みたいな魂が多くあったのかもしれない。

そんな事を思いながら鑑賞しました。

主演の1人の内野聖陽 今では主演クラス存在感のある俳優さんですが、この作品では深津絵里に存在感という点では負けてます。初々しいです。

8/18