レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『かぐや姫の物語』RNR200

かぐや姫の物語』 2013

監督 高畑勲

http://eiga.com/movie/77933/

綺麗な映像でした。『竹取物語』を原作としたジブリ制作のアニメーション。一般的には『かぐや姫』としてのお伽噺といった方が馴染みがあるかもしれません。物語的には短く終わってしまいそうな話を2時間以上持たせたなと感じました。製作費に50億以上が掛かっている。確かに手間暇かけている事は感じました。

宣伝文句というかキャッチコピーの「姫の犯した罪と罰」。 これがこの映画のテーマになっているのかとは思いますが、どこがって感じがしました。純粋に深く考えずに物語として観れば良いのにと思いました。映画そのものは良かったです。

これこそ、配給収入の為のジブリが犯した罪と罰 なんではという気がしました。

本来、マイム的にはジブリやピクシー系、ホラー系は観る選択肢に入ってません。最近は少しづつ鑑賞するようになりました。それは映画好きゴリラ君の映画ブログレビューを見てからです。彼のレビューを紹介します。

2/18

感想

火垂るの墓』の高畑勲監督最新作。 本作は8年もの製作期間があり、

その総製作費は50億とも言われているとか・・・。

その映像を観れば納得。 こんなの観た事がない。

とにかく圧倒的な映像美。 静止画で観ても綺麗ですが、 動画を観るとビビるレベルです。

竹取物語』のジブリ版。

あれ?元ってどんな話だったけ?ってレベルでしたが、 すごく原作に忠実だったので、 見ながら、あぁそうだこんな話だった!ってなりましたね。

絵が違うだけでこんなにも物語って捉え方が変わるもんかーと感じます。 かぐや姫の一個一個の動きが凄く人間臭くて良いです。 活発に動く姿とかを観ているうちに愛着が湧きました。

声優陣がほとんど芸能人なのですが、 誰ひとり違和感なくマッチしていて素晴らしかったです。

深夜の馬鹿力』で伊集院が散々ネタにしてましたが、 伊集院の演じたキャラの顔がまんま伊集院で笑いましたw

作品全体としては素晴らしかったですし、 あまりジブリ作品を観ない自分としても満足できました。

が、宣伝の仕方があざとすぎる。 予告では異常な形相で駆け回るかぐや姫

そしてキャッチコピー、

《姫の犯した罪と罰。》

てっきり新解釈の新たなるかぐや姫なのかと思ったんですが、 蓋を開ければまんまかぐや姫。 何故あんな宣伝をしたのか?

そこだけがなんか騙された感じしました。