レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『悼む人』RNR215

1889年の今日は、喜劇俳優であったチャールズ・チャップリンがイギリスで生まれた日だよ。

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

小学校の夏休みにNHKの特集で観た記憶があります。白黒の無声映画フランキー堺が時折セリフを言っていた。それ以来、テレビ、映画館、レンタルにしろ観てないと思います。それでも、忘れずに思い浮かべられます。

「あなたが出演した中で最高の傑作の映画は何ですか?」とインタビューで聞かれた。チャップリンはこう答えた。「ネクスト・ワン」

マイムが書くブログもこうでありたいです。(^◇^)

そして、観る映画にしても。

『悼む人』 2014

cast  高良健吾 石田ゆり子 井浦新 椎名桔平 平田満 大竹しのぶ

監督 堤幸彦 原作 天童荒太

http://eiga.com/movie/80278/

 

この原作となった本を知らない。どういった内容の映画かしらない。予備知識なく観ると、よく分からないかも。それでも、なんとなく楽しめました。多くを語らず黙々と内に込めた思いの行動に突き進む青年、高良健吾らしい役で上手く演じていると思います。

石田ゆり子スッピンメイクにより綺麗さと艶さを感じてしまう。アウトローの雑誌記者に椎名桔平。やさグレタ感が良かった。癌で末期な母親に大竹しのぶ。それに寄り添い見守る事しか出来ない父親の平田満

あと、石田ゆり子の背後霊的にいる井浦新

それぞれに役者と役柄はハマっていたと思います。ただ、物語的には、深いようで浅いのか、浅いようでホントに浅かったのか。どっちだろう。

4/11