レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『風に立つライオン』RNR216

最近、手紙を書いたりもらったりした?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

手書きでは書いてません。

1週間前にこんな映画を観ました。実際のモデルとなった医師がいます。その医師の1通の手紙から曲が出来ました。その曲から映画が作られました。

『風に立つライオン』 2015

cast 大沢たかお 石原さとみ 真木よう子 鈴木亮平 萩原聖人

監督 三池崇 原作 さだまさし

映画は2015年公開ですが、原作のさだまさしは1987年にシングル曲として発表。この曲を元に2013年に小説化した。映画に関しては架空の人物として描かれているが、曲は実際のモデルとなった人がいる。

監督はあの三池崇。さだと三池の2人。表現する手段が一見すると対極にいるような感じがする。この二人がどう交わっていくのか、興味がありました。

三池がどう戦場を表現するか、CGとか使いド派手に描くのではないだろうかと思ってました。良い意味でその予想は裏切られました。改めて三池崇の凄さを感じました。こんな作品も撮れるんだと。

主演の大沢たかおは、曲を聴いて、さだに原作小説を依頼した。映画化も企画段階から関わった。

昔、酒井法子主演したドラマ「星の金貨」で青年医師役のイメージが重なりました。その時の遺子りも落ち着きと安定感の中に内に込めた熱意を感じる医師を演じてました。良かったです。

物語的には哀しい終わり方をしますが、その哀しさを越えた所に灯が見えました。そして、その灯の向かうに心に残るモノが待ってます。

エンディングのさだまさしの歌が良い感じで締めてます。

「風に立つライオン」 さだまさし

http://www.kasi-time.com/item-15518.html

 4/13