レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『007 女王陛下の007』RNR230

『007 女王陛下の007』 1969

cast  ジョージ・レーゼンビー

監督 ピーター・ハント

http://eiga.com/movie/46182/

2代目ボンド ジョージ・レーゼンビーはこの1作のみ。この後、ショーン・コネリーに戻り、ロジャー・ムーアになった。この1作だけの主演に対して今まで培った007のイメージのプレッシャーに押しつぶされたという解説を見ます。

公開当時から観るファンに取っては自分も歳を取る中で007ボンドのイメージも出来上がる。ショーン・コネリーはアクが強すぎた。比べソフトでマイルドな印象を持つ。ワイルドなボンドからマイルドになってしまった。

007シリーズを色々と観てきた中で、ロジャー・ムーアとは異質な感じがする。別物というか。

それは、ショーン・コネリーのボンドと比べてもそう感じる。

ストーリー的にもチョッと違うなって感じた。結婚式やらのプライベートや苦悩を見せつけた。

 

もし、これが007でなく、スピンオフ的に別の人物や008としての映画だったら評価も違ったものになったのかなと。

5/27