レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『未知との遭遇』RNR308

未知との遭遇』 1977

監督 スティーヴン・スピルバーグ

 f:id:pantokun:20180226071001j:plain

http://eiga.com/movie/49880/

2/16

 

公開してから40年が経ちます。え、そんな古い映画だったのって感じです。今回初めて観ました。公開当時かなり話題になったという記憶はあります。40年前は子供でした。地元映画館は田舎映画館。2本3本と同時公開。入れるだけ入れた。立ち見でギュウギュウの時もあれば、ガラガラの時もある。時間制限なくいつまでも入れた。話題の映画は半年遅れだった。学生割引で観られたとしてもあの当時は子供のお小遣いからすれば高かった。

 

原題のタイトルは『Close Encounters of the Third Kind』。直訳すると、『第三種接近遭遇』になるらしいです。これを『未知との遭遇』に置き換えるとは上手いつけ方だなと感心します。

 

この頃、最初のスターウォーズや他の宇宙モノも流行り、SFブームの先駆けになったかと思います。

その当時SFモノを観る事に躊躇いがあったので映画館で観る事はなかった。ただ、この映画、タイトルだけはずっと気になり、いつかは観たいと思っていた。ようやく観る事が出来ました。

 

感想はよく分からんうちに分かったような気になって、気が付くと終わった。あの当時は新しいと感じた物が今見てレトロ感を感じてしまう。