レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

『ちはやふる 上の句 下の句』RNR323 324

ちはやふる 上の句 下の句』  2016

cast 広瀬すず 野村周平 真剣佑 松岡 茉優 松田美由紀 國村淳

監督 小泉徳宏 原作 末次由紀

 f:id:pantokun:20180407135432j:plain

4/5

f:id:pantokun:20180407135448j:plain

4/6

ちはやふる 上の句 : 作品情報- 映画.com

ちはやふる 下の句 : 作品情報 - 映画.com

 

f:id:pantokun:20180412170549j:plain

 

この映画ずっと気にはなってました。マンガがヒットしてアニメ化される。アニメもヒットする。映画になる。

マンガもアニメも知りませんでした。今から約2年前、京都・近江神宮に行きました。カルタと時計に縁のある神社。京都の中で新しく出来た神社です。私が参拝した際は境内にある時計博物館は休館してました。

神社の壁には百人一首の札が飾られてました。


京阪電車の駅から徒歩10分くらいにあります。ちはやふるのアニメのラッピング電車でした。この時、このアニメを知りました。

観ようと思いつつも、単なるアイドル的映画なんだろうと思い躊躇してました。主演が広瀬すず。準主演が旬のイケメン俳優の2人。ファンや若い子が観る分には良いけど、オジサン的は受け付けないだろうと思ってました。


ここに来て、広瀬すずという女優さんを、単にアイドル的女優ではなく立派な女優さんと見直しました。

あとは京都の街並みを見たいなという気持ちもあって、上の句、下の句をレンタルしました。(ちなみに上の句ではほとんど京都の街並みは出て来ません。下の句も大会となった近江神宮くらい)

 

ストーリーはテンポよく進んでいきます。すんなりと入っていけました。

何しろ広瀬すずが可愛い。それだけで許せてしまう。準主演のイケメン俳優の2人も淡々としてメリハリを感じない演技でしたが、それを補う広瀬すずの存在感がフォローしてます。


こういった映画は、あれこれ評論や解説せずに観て面白いなら面白い。つまらないならつまらない。そういった感想だけで良いかなと思います。