レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

RNR335『犯る男 』 2015

cast 川瀬陽太 朝倉ことみ 凉川絢音

監督 山内大輔

f:id:pantokun:20180610094120j:plain

犯(や)る男 : 作品情報 - 映画.com

6/9

 観ていて疲れました。喪失感と嫌悪感の入り交じったモノを感じました。

途中、途中にアレは何だったの? あの場面で出てきた人たちは何だったの?

これは観ている人に解釈をゆだねようとしているのか。その解釈すらしたくなかった。

 

この映画のレビューを書こうとする。あらすじ的な事は映画紹介をリンしてあるので書かない。なので、書く事がない。絡みのシーンは盛りだくさんと言っていいだろう。そこは飽きさせない。でも、同時に納得のいかない気味悪さも同じくらいあった。

 

それは観る者を重視するよりは監督の主義主張を出す。分かる奴には分かる。分からん奴はそんなの知らん。ついて来れる奴だけついてこい。ついて来れない奴の方が悪い。

そんな横柄さを感じた映画でした。

 

当分、映画は観なくって良いかなと、なんか気を吸い取られてしまう映画でした。そういう気にさせてしまうという事は、逆の意味での凄い映画なのかもしれない。