レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

RNR364『イズ・エー[is A.]』2003

cast 津田寛治 小栗旬 内藤剛志

監督 藤原健一

f:id:pantokun:20181014115251j:plain

イズ・エー : 作品情報 - 映画.com

 10/12

 爆破事件を起こした少年に小栗旬。その父親に内藤剛。爆破事件で家族が被害にあい少年を追い続ける刑事に津田寛治津田寛治主演にはなってますが、この3人が物語は進んでいきます。

実際に少年が犯す凶悪事件。その度に少年法とは更生とは問題になり話題に取り上げられます。

15年前なので、違和感なく制服姿の少年役の小栗旬バーチャルの世界の中で痛みや感情を持たない少年を淡々と演じてます。

その父親は元教師、こんな子供にして育て方を間違えたのか苦悩しつつ少年の更生にひたむきに願う。そんな思いを内面から演じる。

少年法に守られ4年で出所。更生に疑問を持ち少年を追い続ける刑事に津田寛治

以前、映画館で中居君主演の『模倣犯』を観た時から、注目している役者さんでした。

北野たけし映画にも度々出演してます。脇で光る役者さんだと思います。その方が主演という事で観てみる気になりました。

扱うテーマとしては深刻で重い。でも、映画では軽い。制作側の演出表現不足なのか、観る側に色々と考えさせる意図でそうしたのか、

観終えて何も残らない。薄さだけを感じてしまった。ただ3人の役者はそれぞれに良い味を出しているのにかみ合っていない。お互いを邪魔しない、ぶつかり合う事も感じない不思議な存在感を感じました。

そこにも、軽さや薄さを感じる原因になっているのかもしれない。