レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

RNR383『神と人との間』2018

 cast 渋川清彦 戸次重幸 内田慈 

監督 内田英治 原作 谷崎潤一郎

 f:id:pantokun:20181209140138j:plain

神と人との間 : 作品情報 - 映画.com

12/8

 

谷崎潤一郎といえば正統派の純文学からドロドロとした男女の絡み、時には女同士の絡みを描く小説家。映画にもテレビのドラマにもなっている。学生の頃から名前だけは耳にした。でも、作品に関してはそんなに読んでないかも。

そして、谷崎を語る時に作品同様に彼の性癖と言うかマニアックなヘェチも語られる。

 

この映画 もし原作谷崎潤一郎の名前が無ければ、フーンって感じの映画に終わっただろう。観なかったかもしれない。谷崎の名前が入ったけど、谷崎らしさは感じられなかった。ご飯の上にパラッと谷崎のフリカケを掛けた感じ。

 

設定が今の時代。主人公がスマホを使いこなすのも、カープの帽子を被り続けるのも、しっくりとこない。谷崎潤一郎の小説を平成で映画化する事が無理があるのかなと思ってしまった。