レビューにならないレビュー『RNR』

映画のレビューになってないレビューを書いてます

RNR389『バタフライ・エフェクト』 2004

cast アシュトン・カッチャー エイミー・スマート 

    ウィリアム・リー・スコット エルデン・ヘンソン

監督・脚本 エリック・ブレス/J・マッキー・グラバー

f:id:pantokun:20190103163257j:plain

バタフライ・エフェクト : 作品情報 - 映画.com

12/26

観ながら これあの映画に似ていると思いました。それはRNR179『僕だけがいない街』。でも、結末ってどうだったけ。面白かった。子役の子が良かった。という印象はあるけど終わりは覚えてない。ヨッパでの鑑賞だったんでしょう。この映画は素面での鑑賞なのでハッキリとしてます。

共に タイムリープで問題のあった過去に戻り現在を修正するがメインテーマ。

主人公は過去の記憶が抜けている。その抜けた部分は過去に戻り修正された期間。

記憶を無くした所に突然戻る。そこで正しいと思った事をやり直す。過去の出来事が修復されて現在に戻る。

戻った現在は誰かはより良い人生を歩むが別の誰かはとてつもない不幸になっている。

時には主人公自身が。

最終選択として、関わりを持つ前に関わらないような選択をする。その結果、関わりを持つ皆が幸せな結果になる。

 

あらすじ説明がネタバレにもなってしまうかもしれないが、書いている本人があらすじを上手く書けないでいるかもしれません。

 

タイムリープ的な映画はタイムパラドクスがあり、多少の辻褄の合わない事や矛盾も生じるがそこは深くは考えないで楽しむ。

 

一つの些細な出来事から大事件になったり、好人物にもゲスにも好対照な人物になってしまう。内容がしっかりと詰まってテンポよく観られました。